ツアーを上手に利用しよう|格安ツアーで沖縄・青の洞窟へひとっ飛び!

与論島を訪れたら楽しみたいこと4選

タイミングを合わせて百合ヶ浜に降り立つ

与論島といえば、百合ヶ浜で有名な島ですよね。百合ヶ浜というのは、夏頃に潮の満ち引きの関係で現れることもある特別なビーチのことです。なかなか現れないのでレア度が高いのですが、このビーチに降り立つことができれば幸せになれると言い伝えられています。与論島に行ったなら、ぜひとも降り立ちたいものですね。

サザンクロスセンターや与論民俗村でお勉強

与論島にも歴史というものがあって、それを学べる場所もいくつかあります。サザンクロスセンターや与論民俗村がそれです。ここに行けば、効率的に島の文化や歴史について学ぶことができます。与論島ツアーに参加したなら、外したくはないスポットの一つになることでしょう。お土産話も仕入れることができます。

島一周ドライブはぜひともやっておきたい

非常に小さい島ですから、車に乗れば数時間で一周することができます。大体四時間ほどで、いくつかのスポットを巡りながら島一周ができるドライブプランもあります。そうしたものに参加しておくと、島全体をフルに堪能した気分で帰れます。

赤崎鍾乳洞で神秘的な光景を見る

与論島には、赤崎鍾乳洞という観光スポットもあります。非常に美しい鍾乳洞の景色を見ることができるので、せっかく与論島ツアーに参加したなら、ここも外したくはないですよね。年中無休で、しかも数百円で入ることができるので、誰にでもおすすめできます。

ツアーを上手に利用しよう

飛行機

与論島ツアーの申し込み方法

魅力がいっぱいに詰まった与論島ツアーには、気軽に参加できます。旅行会社に電話をして申し込みをすればいいだけだからです。お店を持っている会社なら、直接お店に行ってカウンターで申し込みをするのもいいでしょう。最近はオンライン申し込みもできるようになってきていますから、一度旅行会社のホームページをチェックしてみましょう。申し込み専用のページがあり、カレンダーで予約状況を確認することができる場合もあります。「催行決定済み」と書かれている日のツアーなら、人数不足で中止になることがなく安心感が強いです。

与論島ツアーの平均費用

与論島ツアーは、何日の予定なのかや、行く時期によって細かく値段が変わってきます。まったく内容が同じツアーであっても、時期によって数千円の差が生まれるのは当然です。やはり夏休み期間中は値段が高くなりますし、土日は値段が高くなるのが普通です。ですから平均費用は出すのが難しいのですが、大体5万円前後だと考えておけばいいのではないでしょうか。ツアーというのは大勢が参加するもので、あまりに高い値段設定にすると人が集まらなくなります。ですから、比較的リーズナブルな値段設定になっていることが多いです。

与論島に持って行きたいアイテム

せっかく与論島に行くのなら、記念撮影ができるものを持参するといいでしょう。今の時代ならスマホがあれば事足りるかもしれませんが、高性能なデジカメを持っていくのもありですね。非常に美しい自然が広がっていますから、これを写真に残さないのはもったいないです。最近はビデオカメラも小型化・高性能化が進んでいます。友達と大勢で行くのなら、一台ぐらいはビデオカメラがあってもいいかもしれません。動画は情報量が多いですから、思い出がばっちり残せるはずです。